Skip to content

雄勝町総合支所から車で20分走らせると、白い砂浜と一面がエメラルドブルーに輝く海が広がる海水浴場「荒浜海水浴場」があります。リアス式海岸独特の美しい景観が楽しめる自慢の場所です。

震災前は夏になると、宮城県内からはもちろんのこと、県外からも多くの海水浴客が訪れていました。小さな貝を秘めた白砂と遠浅の浜の隠れたリゾートビーチは、若者から家族連れ、年配の方まで幅広い年齢層に楽しんで頂けました。防波堤では投げ釣りや磯釣りで満喫したり、海の幸を堪能してキャンプをしたり、本当にたくさんの人が集まった海水浴場でした。

それがあの東日本大震災の津波の影響で防波堤は決壊、砂浜も浸食され、その両端には養殖網やタイヤなどのがれきが残っていました。そんな震災から9年後の2020年夏、たくさん方のご協力があり、ついに荒浜海水浴が復活!

海と共存して生きていく未来のためにも、ぜひお友達と、恋人と、ご家族と、美しい海にふれあいにいらしてください。

  • 名称
    荒浜海水浴場 (あらはまかいすいよくじょう)
  • 営業
    7月中旬~8月中旬
Scroll To Top